産婦人科を受診する|病院の特色を調べよう

子供を作るための治療

ハートを持つ看護師

2年以上子供ができない場合、不妊症になっている可能性があります。不妊症は早めに治療をすると子供ができる確率が高くなります。また、不妊治療は症状の度合いによって方法が変わってきます。

More Detail

胎児を健康的に育てる

妊婦

妊婦が摂取するべき栄養素の一つが葉酸です。ビタミンの一種で主に葉野菜や果物などに含まれています。出産まで継続して摂取すると胎児の健全な発育が促され、先天的な病気を未然に防げるのです。

More Detail

不妊の原因を調べる

病院

不妊治療で、精液検査を行なうことがあります。一回の射精で出る量や精子の運動率、ウイルス感染の有無について調べていき、不妊の原因を探るのです。また、現在では自宅でも検査を受けることができます。

More Detail

長く通院する場所

病院

妊娠の兆しがあった時、適切な検査を受けるために産婦人科を受診するはずです。産婦人科では毎月の妊婦健診を行ない、出産、産後に至るまで長い間通院する必要があります。そのため、お世話になる産婦人科は慎重に選ぶべきなのです。特に妊娠している人は心身ともに不安定なので、待ち時間が長かったりスタッフの対応が良くなかったりすると、胎児にも悪影響をおよぼす可能性があります。よく調べずに近いからという理由で産婦人科を選ぶことは避けて、事前にしっかりと情報収集を行ないましょう。
実は産院にはいくつか種類があります。他の科がある総合病院と産婦人科専門の病院、個人産院やクリニックなどです。総合病院は高齢出産や持病を抱えた妊婦に向いています。生まれてきた胎児に異常が起こったり、妊婦に危険が起こった場合にすぐに対応できるのです。また、産婦人科専門の病院は総合病院に比べて設備や医師の人数が少ないものですが、その分一人ひとりにしっかり目を向けてくれるので、初めての出産で不安な妊婦に向いているといえます。専門の病院では母親学級や妊婦向けのヨガ講座などを開設している場合があるので、母親同士の交流もできるはずです。クリニックは、出産に対してこだわりがある人や希望がある人に向いています。しかしサポートや分娩方法に特色があるため、あらかじめ確認するようにしましょう。このように、出産するための病院にはそれぞれ特徴があるので、各医療施設のことについて詳しく情報を集めて安心して出産ができる病院を選びましょう。